【川口オート・SGオールスター】鈴木圭一郎が序盤連勝も機のデキには不満「優勝には程遠い」

2021年04月26日 20時10分

機のデキに不満の鈴木圭一郎

 川口オートのSG「第40回オールスターオートレース」は26日、予選の2日目を行った。初日メインのスターセレクション(選抜予選)を制した鈴木圭一郎(26=浜松)は、12Rを一番時計で制し連勝。だが「1着は取れているけど、優勝には程遠い」と、満足いくマシンになっていないようだ。「クランクを替えるかも」と整備も視野に入れている。3日目(27日)の準々決勝戦11Rで3連勝なるか、まずは試走の動きと試走タイムに注目したい。

 一方、青山周平(36=伊勢崎)は2日目の11Rで1着を奪取し巻き返に成功した。「悪くないし1着まで行ける。でも余裕はない。展開をうまくつくらないと厳しい」とこちらも仕上がりには不満げ。「何かやらないと」とパワーアップを狙って作業へ。スタートを決め圧巻の走りが見られるか、楽しみだ。

 3連覇を目指す荒尾聡(39=飯塚)は9Rで追い不発の5着に終わった。「エンジンは悪いとは思っていない。展開をつくらないと厳しい」と20線6車並びの大外からの攻めに苦戦した。3日目はスタート後の展開づくりが白星奪取へのカギといえそうだ。

関連タグ: