【山陽オート・GⅠ令和グランドCC】〝サトマヤ砲〟炸裂! 佐藤摩弥「もう1回キャブと電気の調整を考えます」

2021年04月14日 23時03分

佐藤摩弥が山陽の走路で躍動する

 山陽オートの開場56周年記念GⅠ「第2回令和グランドチャンピオンカップ」は15日、2日目を続開する。初日(14日)の7Rでは佐藤摩弥(28=川口)の〝サトマヤ砲〟が炸裂。見事に白星発進を決めた。

 20線の大外から鮮やかなスタートで先手を取ると、2周目までには4番手に浮上。最後は追いすがる同じ31期の中山透(32=川口)を振り切って1着ゴールを駆け抜けた。

 地元の川口でヘッドを替え重さを感じていた。そこでレース前にヘッド周りとキャブ、電気を調整。「(気がかりだった)重い感じはなくなった」ことが勝利の大きな要因となった。

 山陽は得意な走路だが、強豪たちに打ち勝ち、最後に頂点に立つにはさらなる努力が必要だ。「重さはなくなったが、もっとスムーズさがほしい。もう1回キャブと電気の調整を考えます」と目を輝かせた。

 なお初日12Rで行われた「山陽No.1決定戦」は、地元のエース・佐々木啓(47=山陽)が見事なさばきで制した。

関連タグ: