【飯塚オート・ミッドナイト】井村淳一「合わなくなった」新走路でも“夜巧者”復活目指す

2021年04月09日 13時33分

夜巧者復活を目指す井村淳一

 ミッドナイト開催の飯塚オートは9日、2日目を行う。5Rで準決勝戦B、6R~8Rで準決勝戦Aが行われる。

 8日の初日は篠原睦(43=飯塚)、藤岡一樹(41=山陽)、有吉辰也(45=飯塚)らの優勝候補が白星発進。一方、3月の「ミッドナイト王者決定戦」(飯塚)に出場した井村淳一(38=飯塚)は4Rで4着となり「足りない。ヘッドが合っていない」と肩を落とした。

 昨年6月に山陽ミッドで優勝したころは、レース場関係者が舌を巻くほど真夜中のレースを得意としていた。しかし近況は「ミッドナイト王者決定戦」で優出を逃し、最終日の順位決定戦も4着に終わるなど、らしくない走りが続いている。「(地元の飯塚が)新走路になってから、なかなか合わなくなってしまった」と嘆き節だ。

 2日目は準決勝Bに出走。優出できるのは1着だけという厳しいレースだ。悪い流れは続いているように見えるが嘆いてばかりはいられない。「とにかく1本取りたいですね」。今節こそは少しでもいい結果を残して〝夜巧者〟復活の足掛かりにする。

【関連記事】

関連タグ: