【飯塚オート】松尾彩がハンドル修正で戦力アップ

2021年04月05日 11時47分

ハンドル修正を施し完全復調を目指す松尾彩

 ナイター開催の飯塚オートは5日、3日間シリーズの幕を開ける。2021年度前期の開幕戦は参加外来勢が山陽地区のみ。さながら〝飯塚・山陽対抗戦〟の構図だ。主役は地元エースの荒尾聡(39=飯塚)。前節では3連勝のパーフェクトⅤを達成しており、今節は連続優勝を狙う。

 今節、完全復調を目指して意欲を見せていたのは女子レーサー・松尾彩(32=山陽)。前節初日にいきなり落車(自落)のアクシデントに見舞われたが、2日目、最終日は2着2本と気をはいた。「腰周りに違和感はなかったんですが、(車の)向きを変えづらかったのでハンドルを修正しました。エンジンも整備日にオーバーホールしました」と、師匠・佐々木啓(47=山陽)の指導を仰ぎながら整備に余念がなかった。向きの変わりが良くなり、乗りやすさが出ればさらに戦力アップが望めるはずだ。

関連タグ: