【飯塚オート・ミッドナイト】岩見貴史が得点トップタイで優勝戦へ「久々にいい状態」

2021年03月26日 12時37分

得点トップタイの好成績で「ミッドナイト王者決定戦」優勝戦に勝ち上がった岩見貴史
得点トップタイの好成績で「ミッドナイト王者決定戦」優勝戦に勝ち上がった岩見貴史

 飯塚ミッドナイトオートレースは26日、最終日を迎える。8Rでは「ミッドナイト王者決定戦」の優勝戦が行われ、3日間の予選の得点上位7人が〝夜王〟の座をかけて激突する。

 3日目の7R「ミッドナイト王者決定戦」予選では、岩見貴史(37=飯塚)が見事な弾丸スタートを決めて早々と先頭に立ち、後続を引き離してゴールイン。2日目は滑りと跳ねに悩まされたが「バック(フレーム)の修正とフレームの締め直しで直った」と見事に立て直した。

 1→2→1着の得点トップタイで優勝戦に勝ち上がり「久々にいい状態」と手応えを口にする。篠原睦(43=飯塚)、田中茂(44=飯塚)、別府敬剛(47=飯塚)、鐘ケ江将平(32=飯塚)、阿部仁志(41=飯塚)、山陽の岡部聡(55=山陽)ら強豪が揃った優勝戦でも中心となるのは間違いなさそう。これからの活躍にも期待大だ。

関連タグ: