【川口オート・GI開設69周年記念】4連勝の鈴木圭一郎「エンジンは悪くない」 青山周平と優勝戦で激突

2021年03月06日 20時06分

鈴木圭一郎(左)と青山周平

 川口オートのGI「開設69周年記念グランプリレース」は6日、9~12Rで準決勝戦を行った。

 11Rで鈴木圭一郎(26=浜松)がさばいて1着。4連勝で優出を決めたが、レース後は「跳ねますね…」と足周りを気にする。今節、なかなか解消しない跳ね。その対策としてフレームを交換して優勝戦に臨む。「エンジンは悪くない。跳ねさえなくなれば(グリップを)開けて回れる」。足周りが完璧になれば、車速を生かした走りができそうだ。

 青山周平(36=伊勢崎)は12Rで期待に応える走りで、しっかり優勝戦に駒を進めた。ただ、こちらもレース後の表情はいまひとつ。「悪くはないと思うけど、手前でかからない症状がある」と立ち上がりの感触が良くない様子。「タイヤではなくエンジンが原因だと思う。替えたヘッドを戻して、ピストンあたりを見直す」と整備に着手する構え。この作業が実れば破壊力はさらに増す。

 スピードある両者は今節、優勝戦で初めて対決する。まずは試走の動きをチェックしたい。

関連タグ: