【浜松オート・SG全日本選抜】1500勝王手の高橋貢「全く意識していない。いつもと一緒」

2021年02月18日 19時47分

高橋貢

 浜松オートのSG「第34回全日本選抜オートレース」が19日に開幕する。豪華メンバーが揃った今年のSG第1弾だ。

 同大会5連覇を目指す鈴木圭一郎(26=浜松)。前節の飯塚GI「開設64周年記念レース」で優出はしたが、フライングを切ってしまい、再発走後は波に乗れず4着に終わった。「良くなかったし、エンジンもいっぱいいっぱいだった」と振り返る。今回は「スーパースター王座決定戦で使用し、SGも取ったクランクに交換した」と万全の状態で臨む。好発進なるか、試走の動きに注目したい。

 この大会では優勝がない青山周平(36=伊勢崎)。勝てばSGグランドスラム達成となる。前回の川口戦は優勝戦で2着に終わったが、スーパーハンデ(最重ハンデのさらに10メートル後ろ)での戦いだった。「エンジンは悪くないし安定している」と偉業達成に向け、マシンは心配はなさそう。ただ「スタートがムラ。切れる時と切れない時がある。その対策を」とのこと。不安を解消し、鋭いスタートを見せてくれるか。

 前節のレジェンドカップで優勝を果たし乗り込んできた高橋貢(49=伊勢崎)。通算勝利は現在、1499勝。史上4人目となる1500勝に王手をかけている。「(記録は)全く意識していない。いつもと一緒」とレースに対する意識は変わらない。それでも近況の動きは良く〝一発回答〟の期待が持て、初日7Rは必見だ。

 なお、今節は新型コロナウイルス感染症拡大予防のため、本場の入場制限があり5000人を上限として実施される。

関連タグ: