【川口オート・SG日本選手権】佐藤摩弥が準決勝戦進出「ドドド対策したい」

2020年11月01日 18時10分

佐藤摩弥

 川口オートのSG「第52回日本選手権オートレース」は1日の3日目、準々決勝戦(第12Rはスーパーライダー戦)を行った。

 その準々決勝戦第10Rで、女子レーサーの佐藤摩弥(川口=28)が持ち前のスタート力を発揮した。1コーナー先手を奪い逃げ切り、準決勝戦進出を決めた。

 今節初勝利に「うれしいですね」と表情も緩む。ただ「ドドド(跳ね)があって、思い切り突っ込めない。このままではいい人にやられそう」と足周りに不安を抱え、思い切った走りができていない。

 それでも1着を取っているように「直線は力強さがあっていい」とエンジン自体は悪くない。

 この大会は2018年にSG初優出(8着)を決めた大会だ。地元でのレースということもあり、2回目の選手権優出を決めたいところ。

「時間もあるので、エンジン、タイヤ、フレーム周りとドドド対策をしたい」と調整へ。

 自慢の速攻力を生かすために、跳ねを直して優出を狙う。