【川口オート・SG日本選手権】「冷えてくると調子が上がってくる」 森且行が8Rで人気に応え好発進

2020年10月30日 19時36分

上り調子の森且行

 川口オートのSG「第52回日本選手権オートレース」が30日、開幕した。

 その初日第8Rで、森且行(川口=46)が人気に応え好発進を決めた。レースは好スタートを決めスピードを生かし攻め上げ、5周1コーナーで前を走る仲田恵一朗(伊勢崎=36)抜き先頭に立ち、そのままゴール。試走も3・29秒と当該レースでの一番時計を叩き出した。

「前々検日にピストンを交換して良かったタイヤでいった。乗り味は悪くないし(車も)行っている感じがある」と感触はいい。

 近況は浜松GⅡウィナーズカップ(6着)→川口の普通開催(6、4、7着)と優勝はないが4節連続優出中。「いつも通り。冷えてくると調子が上がってくる」。熱い時期は走路温度が高く滑りで苦戦していたが、今は気温も低く、食いつく走路状態となって、自慢のスピードが生かせるようになってきた。

 2日目も、この勢いで連勝となるか注目だ。