中村雅人が一番時計でDR快勝

2012年06月28日 10時54分

 浜松オートレースの特別GⅠ「共同通信社杯プレミアムカップ」が27日開幕した。

 初日12Rのプレミアムドリームは1周目で内を突いて先頭に立った中村雅人(船橋)がこの日一番時計の3・397で快勝。それでも「スタートはよかったけど、チェンジを入れるときにあおって失速したので内を突けただけ。エンジン的に軽くて滑りもあったので何か考えないと」と、上積みを求める様子だった。

 一方、8枠から3着まで追い上げた浦田信輔は「スタートは悪くなかったけど、展開ですね。枠が遠いところから3着までいけたし、手前、先ともによくなってた」。早くも愛機の仕上がりはいいようだ。

 ほかでは永井大、伊藤信、篠原睦、松山茂らが手応えを感じていた。