中村雅人が5年ぶりGⅠ制覇

2012年06月04日 14時00分

 浜松オートレースのGⅠ開場56周年記念「ゴールデンレース」優勝戦が3日、第12Rで行われ、中村雅人(船橋)が鋭いスタートから好位をキープ、2周目には早々と先頭に立ち、そのまま危なげなく逃げ切った。中村のGⅠ勝利は5年ぶり。

「まさかここで勝てるとは…」そう言ったきりしばらく言葉が出てこなかった。ここまで記念戦では準優勝続きで、勝利の女神に見放された格好だった。

「運がないのかなあ、と。でも(これまでは)スタートも悪かったしね」

 そんな反省もあってか、この日の優勝戦では満村陽司の0・04に次ぐ0・05の快スタート。残り7周で先頭に立つと、そのまま危なげなく逃げ切った。

 一方、地元浜松で連続10優出を続け、地元勢によるV奪還の期待を一身に集めていた金子大輔は、中村を射程に入れる好位の3位をキープしていながら、2着の佐々木啓との差を詰めるどころか、後方の山田達也にも抜かれて4着。またしても地元勢によるVの悲願はお預けとなった。