【深谷知広の競rin世界挑戦】8月オールスター競輪 7~9月7車立てレースへの熱い思い

2020年07月08日 11時08分

OGKカブト様から届いた新作ヘルメット「IZANAGI」です。これからの時期に最適なクーリング性能があるんです!-

 今回の「深谷知広の競rin世界挑戦」は8月12~16日に愛知県の名古屋競輪場で開催されるGⅠオールスター競輪と、7~9月に行われる7車立てレースについての思いと見解が語られている。

みなさんこんにちは。最近は日本の競輪をコンスタントに走れるようになって充実している深谷知広です。

 緊急事態宣言が解除され、トレーニングはほぼ以前の状態に戻りつつありますがまだまだ油断はできないですね…。

 まずはオールスター競輪のファン投票へたくさんのご投票、ありがとうございました。国内の競輪の参加が少ない中、8位に選んでいただき、地元名古屋でドリームレースを走れることをとてもうれしく思います。

 しかしそんな中、オールスター競輪の無観客開催の決定の知らせが届き、残念な思いもありました。多くのお客様の来場が予想されるGⅠ開催ということで仕方ない判断だったとは思います。ですが、人数を限定して付加価値を付けた入場チケットを販売するなどした対応はできなかったのか、完全にゼロにするのではなくコントロールできる範囲で少しでもお客様を入場させることはできなかったのか…様々な思いがあります。そこは現場の判断なので仕方ないですね。

 我々選手は全力で魅力あるコンテンツだということを魅せ続け、絶対に本場で見たいと思ってもらえるようにすることが一番だと思うので頑張りたいと思います。

 私はオールスターの後は松戸ナイターGⅢ(8月22~25日)の参加が決まっています。それは話題の7車立て9レース制の開催です。こんなのは「競輪」じゃないという意見もありますが私はとても楽しみです。この形態のレースは力が拮抗していないとうまく成り立たないと思うので、短期的であったり単発レースでは批判的な意見が多くなってしまうのは仕方がないですね。

 しかし、今のコロナウイルスのリスクを避けながら安全に開催するために選択したこの措置をうまく活用して業界の発展につなげられるように何かを見つける期間になってくれることを願っています。我々競輪選手にできることを全力で!

【ドリームレース出場選手・ファン投票順位順】
脇本 雄太31福井94S逃
平原 康多38埼玉87S両
松浦 悠士29広島98S両
新田 祐大34福島90S逃
郡司 浩平29神奈99S両
清水 裕友25山口105S逃
佐藤慎太郎43福島78S追
深谷 知広30愛知96一逃
浅井 康太36三重90一両

☆ふかや・ともひろ 1990年1月3日生まれ、愛知県出身。169・8センチ、79キロ。桜丘高卒業。競輪のトップ選手で自転車競技の日本代表。