【GⅠオールスター競輪】清水裕友が自力に転じた時に思ったこと…

2019年08月16日 19時24分


【GⅠオールスター競輪(16日)】清水裕友(24)がシャイニングスター賞で、まさかの事態に陥った。太田竜馬(23)が赤板で落車してしまい、中四国ライン4人が3人になってしまった。そこですぐに気持ちを切り替え、先頭をうかがった。「自分のアタマが売れていたので…」の思いはあったが、ラインの役割を果たすことに徹した。車券的には期待を裏切る結果になってしまったが、競輪という難しい競技、また生き方において清水の決断はファンに受け入れられるものだろう。