• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > 競馬 > ファンに分かりやすい説明を

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファンに分かりやすい説明を


【トレセン発秘話】JRAのホームページによれば、今年から採用された新しい降着・失格のルールは「各馬がレースで見せたパフォーマンスを尊重する」シンプルで分かりやすいものになるとしている。

 が、20日のAJC杯の“騒動”は、その意図に反したものになってしまった。

 ジャッジが妥当なものであったかそうでなかったかについては他に譲るとして、当初審議のランプがつかず、トランスワープの萩原調教師、大野から異議申し立てがあって初めて動きだすという一連の流れはなんとも「分かりづらい」ものに映った。

「新しいルールになって浸透するまで時間がかかるのは仕方がない面もある。でも、それでファンに不信感を与えるようなことがあってはならない。そのために分かりやすく説明する必要がある」と力説するのは田所調教師だ。

 降着、失格を減らす代わりに“やり得”をなくすため、騎手への制裁を強化したというJRA。今回のベリーには1月26日から2月10日までの(開催6日間)騎乗停止の処分が下されたが、そうしたものも含め「競馬場で詳しく発表、説明したほうがいいんじゃないか」と田所師は言う。

 明らかな走行妨害があったのに審議も行わず、失格、降着はないという発表だけでは“サービス産業”としてはいかがなものか。

 審議ランプをつけ、ジャッジの内容を説明して結果、騎手にはこれだけの制裁があったと早めにアナウンスすれば、納得の度合いはかなり上がるはずだ。
 いずれにせよ始まったばかりの新ルール、雨降って地固まるではないが、今回の事件をきっかけに、ファンが納得する形でなじんでいくことを願うばかりだ。

(栗東の坂路野郎・高岡功)

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!