• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > 競馬 > 大記録更新めざす藤田の救世主はデルフォイ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大記録更新めざす藤田の救世主はデルフォイ


【トレセン発秘話】河内洋調教師は騎手時代、1977年から引退前年の2002年まで実に26年、毎年必ず重賞を勝ってきた。「早い時期に重賞を勝つと安心したし、勝てない時は不安になったりもする。重賞を勝つことはそれだけ励みになった」とは当人。重賞を勝つこと自体が難しいのに、それを長年継続するというのは至難の業だが…。

 同じ26年連続勝利でももっとすごいのはデビューした年から毎年欠かさず重賞を勝っている武豊だろう。今年も2月の京都記念=トレイルブレイザーで早々に記録更新を決めた。

 連続重賞勝利は岡部幸雄氏の28年連続が記録となっているが、「デビュー年からの記録」はもちろん武豊がトップ(26年連続)で、次が藤田の21年連続。武邦彦の息子としてデビュー前から注目されていた武豊とは立場も違っていたはずで、この記録もすごい足跡だ。現役騎手でデビュー年から10年以上連続して重賞を勝っているのはこの2人だけというのが記録のすごさを物語る。

 が、その藤田の記録が途絶えてしまいそうなところまできている。2012年も残すところあと1か月を切りながら、まだ重賞勝ちがないのだ。
「それなら愛知杯(15日=中京芝2000メートル)に出走するウチのシースナイプがチャンスあるで。デキもいいし、伸二も記録がかかっているなら気合入ってるやろ」とは河内調教師。

 もっとも坂路野郎は今週こそチャンスとみている。土曜(8日)の朝日チャレンジC(阪神芝外1800メートル)に出走するデルフォイだ。

「前走(福島記念6着)は道中の位置取りがどんどん悪くなって、まともに競馬をしていない。ジョッキーの連続重賞勝利もあるし、何とかいい結果を出したいね」とは影山助手。大記録がストップしてしまいそうな藤田にとってデルフォイが救世主となるか注目だ。

(栗東の坂路野郎・高岡功)

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!