• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > 競馬 > オルフェに〝まさかの〟辛口評価

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オルフェに〝まさかの〟辛口評価


【トレセンのプロ100人に聞きました(宝塚記念2)】

5位=オルフェーヴル
6位=マウントシャスタ
7位=アーネストリー
8位=ショウナンマイティ
9位=ビートブラック
10位=ホエールキャプチャ

 2回目は5、6位の発表。まず6位は8票を獲得した3歳馬マウントシャスタ。昨年Vの〝アーネストリー超え〟を果たした。

 多くの関係者は「斤量(53キロ)が絶対的に有利」との判断。それでもウオッカ、ネオユニヴァース、シンボリクリスエスなどダービー好走組ですら苦戦を強いられたレースだ。重賞勝ちすらない馬がどうして? これに答えたのが栗東の某厩舎と契約しているレーシングマネジャーだ。

「『ダービー好走組ですら』って言うけど、むしろそれはマイナス要因。3歳馬は普通、ダービーをピークに持っていく。そこで激走した馬なら、そりゃ、お釣りもなくなるよ。でもマウントシャスタはまだ余力が十分に残っているわけだからね」

 また、美浦の某調教助手も「厩舎ではワールドエースと同等の評価をされているんでしょ? 仮にワールドエースが出てきたらどうよ? そこそこ売れるはずでしょ。しかもそれがダービーを経由せず、フレッシュな状態で使ってきたんだから」と援護射撃した。

 続いては5位(14票)。ここが今連載一番(?)のサプライズ。なんと、4冠馬オルフェーヴルが早々と登場だ。

 関係者のジャッジを集約すれば「普通に走ればこの馬が一番だが…」。当然、言いよどんだ部分に順位低迷の答えがある。まずは栗東の某調教師。

「前走の負け方は力うんぬん、展開どうのっていう問題じゃない。明らかに精神面が原因。出否をあれだけ悩むんだし、そんなにすぐ戻るわけがない。今回も厳しい」

 また、GⅠ勝ちの経験のある美浦の某厩務員も「今シーズンそのもののデキがひと息なのでは? 踏み込みも浅く見えるし、去年のような張りも見られない」と辛口ジャッジだ。さらには「(調教)再審査が尾を引いた可能性がなくもない。馬は普段通りが一番。いきなり日常と違うことが起きると心身のバランスを崩してしまうことがある。一度崩れてしまうと…」。

 精神面の崩壊(?)を指摘する声が多かったが、王者はこれにどんな答えを出すのか。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンは初戦コロンビアに競り勝ち白星発進。次戦は24日午後8時(日本時間25日午前0時)からセネガルと対戦する。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!