19日ゼロワン新木場大会で一騎打ち W―1・KAIが火祭り男・小幡に嫉妬の炎

2016年11月08日 16時30分

火祭り覇者の小幡(左)と一騎打ちが決まったW-1のKAI

 W―1のKAI(33)が7日、ゼロワンの至宝取りを視野に入れた。

 

 KAIは6日のゼロワン後楽園大会で火祭り覇者の小幡優作(32)に対戦を要求。19日の東京・新木場大会メーンで一騎打ちを行うことが決まった。この日、都内のゼロワン道場で行われた会見でKAIは「過去2回シングルをやって(ともに)自分が勝っている。俺のほうが強いという思いがあるのに、火祭りを優勝したからジェラシーがあった」といつもの勝手な態度とは違い、真剣な表情で対戦を求めた経緯を説明した。

 

 2年前の火祭り初参戦では準優勝に終わっているだけに、小幡の初優勝はなおさらKAIの嫉妬心をあおったようだ。さらには「タイトルは狙うのかって? もちろん。まずはここで勝たなきゃ意味がない。そこ次第で今後がどうなるのかというのがある」と語り、佐藤耕平(39)が保持する世界ヘビー級王座への挑戦も示唆した。まずはゼロワン継続参戦をかけて、同学年のライバルを倒すつもりだ。