【ゼロワン】関本戦はあえてノンタイトル 耕平“リミッター解除”宣言 

2016年10月26日 16時30分

健闘を誓い合った耕平(右)と関本

 ゼロワンの佐藤耕平(39)が自身の「プロレスデビュー15周年記念大会」(11月6日、東京・後楽園ホール)のメーンで激突する大日本プロレスの関本大介(35)とのシングル戦で“リミッター解除”を宣言した。

 

 25日の会見には2人揃って出席。現在耕平は世界ヘビー級の王座を持っているが、あえてノンタイトル戦にした。「ベルトをかけるというのもあったが、かけると守りに入ってしまう。それよりも、とにかく今までやってきたことをお互い思い切りぶつけ合いたかった」。あえてベルトを頭の中から排除し、攻め合うことでお互いの“現在地”を確認する考えだ。

 

 一方の関本は「耕平さんは強いイメージしかない。すべて強い。強いものに立ち向かっていく。そういうところを見てほしい」と大一番に向けて意気込みを語った。