【ゼロワン】天下一ジュニアトーナメントが波乱の幕開け 大谷晋二郎が1回戦で敗退

2020年07月06日 11時00分

大谷は今成(右)に予想外の苦戦を強いられた

 17回目となるゼロワンの「天下一ジュニアトーナメント」が5日に開幕し、優勝候補の大谷晋二郎(47)が1回戦で敗退する波乱のスタートとなった。

 公式戦は20分1本勝負で、時間切れの場合は2カウントルールの延長戦が行われるが、その特殊性に足をすくわれた。ガンバレ☆プロレスの今成夢人(34)を20分で仕留めきれずに延長戦に突入。飛龍原爆固めをサムソンクラッチで切り返されて22秒で敗れた。試合後は「敗者復活戦はつくれない? ケガ人が出たらそこに出るっていうのはどうだ?」と取り乱した様子だった。

 また未来のエースと期待される北村彰基(23)は、大日本プロレスの「小林軍団」に所属するドリュー・パーカー(22)に勝利し2回戦に進んだ。