【ゼロワン】首負傷の小幡優作が無期限欠場&退団発表

2019年03月03日 12時58分

左から田中将斗、小幡優作、火野裕士

 ゼロワン3日の東京・後楽園ホール大会で、元世界ヘビー級王者で2016年度火祭り覇者の小幡優作(35)が、無期限欠場と退団を発表した。小幡は昨年6月3日の札幌大会で首に重傷(椎体前方骨折)を負い、欠場を続けていた。

 第3試合後にリングに立つと、ケガの回復が思わしくないことを明かした上で「プロレスを辞めようと思いましたが、無期限欠場に入ります。同時にゼロワンを退団しますが、プロレスができるようになったら必ずゼロワンに帰ってきます」と話した。