【ゼロワン】田中将斗が20代前半一般女性と結婚「たまに親子と間違われる」

2018年09月30日 17時24分

関本(下)にフライングボディプレスを見舞う田中

 ゼロワンの弾丸児・田中将斗(45)が、30日の「デビュー25周年記念大会」(東京・後楽園ホール)で結婚を公表した。

 ノアのGHCヘビー級王者・杉浦貴(48)との名コンビ「弾丸ヤンキース」を結成し、関本大介(37)、火野裕士(33)組と対戦。入場コール時にファンから投げ込まれた紙テープを持って、場外テーブル上の関本にスーパーフライを決めるなど大暴れした。

 関本と火野からお祝いのチョップ25連発を食らう場面もあったが、最後は杉浦が五輪予選弾を決めた関本に、トドメのスライディングDを決めてメモリアル大会を勝利で飾った。

 試合後は「25周年やってきて、温かい仲間に恵まれたのが一番の宝だと思います」と選手、ファンに感謝の言葉を述べた。さらに「サクッと流してほしいのですが、45歳にして結婚しました。あんまり突っ込まないでください。まだ生まれていませんが、子供もいます」と発表した。

 お相手は知人との食事会で知り合った20代前半の一般人女性で、8月8日に入籍した。「たまに親子と間違われることがあります」とのろけたが、夫人は双子を妊娠しており来春、パパになる。

 田中は「物心がついて、声を出して応援してくれるくらいまでは頑張りたい。多分、今の調子でやればやれると思う」と気持ちを引き締めた。