【WWE】中邑真輔 AJとの世紀の大一番に気合と自信「全世界にアピールする」

2018年03月15日 20時56分

中邑は日米インタビューに応じ、現在の胸中を語った。祭典ではWWE王者で最大のライバル、AJスタイルズ(円内)に挑戦する(C) 2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 WWEの“ロックスター”中邑真輔(38)が15日、世紀の大一番ヘ向けて胸中を語った。中邑は祭典「レッスルマニア34」(4月8日、ルイジアナ州ニューオーリンズ)でWWE王者のAJスタイルズ(40)に挑戦。この日は日米メディア向けの合同電話インタビューに応じ、日本人初の快挙達成を誓った。

 ——1月の「ロイヤルランブル」(ペンシルベニア州フィラデルフィア)初参戦優勝の快挙を達成して、祭典に初出場だ

 中邑:最高の形で初出場かと。これ以上はない出場の仕方だと思う。

 ——しかも新日本プロレス時代に最高峰のカードだったAJ戦だ

 中邑:(AJは)数少ない心から尊敬できる相手と試合ができる。興奮もしているし、さあ、やってやろう(WWE王座奪取)という気持ちは日に日に高まっていますね。

 ——それが現在では世界最高峰のカードに

 中邑:日本で戦ったときよりも(AJに)総合的な力を感じますよね。僕が今(WWEで)日本でのAJみたいな立場になるのかな。今の彼は「水を得た魚」というのか、実力を発揮しているという感覚はある。

 ——海外生活も3年目

 中邑:一番大きいのは食事面。日本はどの都市に行ってもおいしいものがあふれている。でも米国は期待できない。なのでダイエットについての誘惑は少ないですね。ちゃんとした日本食だと(米国では)超難易度が高いです(笑い)。

 ——入場時の「ライジング・サン」での大合唱は定番になった。祭典は7万人以上が期待される

 中邑:楽しみですよ。「レッスルマニア」は(楽しもうという)意思を持って見に来てくれる人ばかり。お客さんが乗っていれば乗っているほど、僕も気持ちよく試合ができる。パフォーマンスも当然、上がってくる。

 ——祭典は日本語実況付きで4月9日午前8時から日本でもライブ配信される

 中邑:レッスルマニアの一番の醍醐味は…どでかい会場で世界中の人たちと一緒に楽しむということ。実際に見て感じてもらうしかない。中邑真輔を全世界にアピールしますよ、イヤァオ!