【WWE】「レッスルマニア」で女子王者・フレアーに挑むのは?

2018年02月01日 16時30分

【ペンシルベニア州フィラデルフィア30日(日本時間31日)発】スマックダウン(SD)女子戦線が大荒れだ。WWEのSD大会が行われ、王者のシャーロット・フレアー(31)が「ロイヤルランブル(RR)戦はアスカが勝った。その後に(元UFC世界女子バンタム級王者の)ロンダ・ラウジーが現れた。レッスルマニア34(4月8日、ルイジアナ州ニューオーリンズ)で私に挑戦するのは誰なの?」とマイクアピール。

 ここでネオパンク女子集団のライオット・スクワッドが乱入して女王様を失神させた。

 チャンスとばかりにミス・マネー・イン・ザ・バンクのカーメラ(30)が「いつでもどこでも挑戦できる権利書」が入ったブリーフケースを手に登場するが、キックがレフェリーを誤爆。キャッシュインが認められる前に女王様が息を吹き返すと、恐れをなしたカーメラはケースを抱えて逃走した。アスカがSD女子王座挑戦を選択した場合、大混乱は避けられそうにない。