【WWE】中邑がオートンと合体し復活勝利!11・25「鉄檻マッチ」で4度目の挑戦

2017年10月11日 17時37分

中邑はオートン(右)との黄金コンビで復活勝利を飾った(C)2017 WWE, Inc. All Rights Reserved.

【ミシガン州グランドラピッズ10日(日本時間11日発】WWEのスマックダウン大会で“ロックスター”中邑真輔(37)が“毒蛇”ランディ・オートン(37)と黄金コンビを結成。復活の勝利を挙げた。

 中邑は8日の「ヘル・イン・ア・セル」で“インドの怪人”ことWWE王者ジンダー・マハル(31)に敗れ、王座戦3連敗を喫した。精神的なスランプに陥る恐れもあったが、心配は無用だった。大歓声を背にオートンとリングインするやルセフ(31)、エイデン・イングリッシュ(30)組を圧倒。最後は中邑が必殺のキンシャサ・ニー・ストライク(ボマイェ)でイングリッシュを沈めた。

 11月25日のPPV大会「スターケード」(ノースカロライナ州グリーンズボロ)では鉄檻マッチで4度目の挑戦が決まっている。悲願成就へ中邑が力強く再スタートを切った格好だ。