【WWE】伝説の最強トリオ「ザ・シールド」復活か

2017年10月04日 16時30分

【コロラド州デンバー2日(日本時間3日)発】WWEのロウ大会で“最強トリオ”ザ・シールドが、完全復活へ大きく前進した。

 この日、エースのローマン・レインズ(32)はインターコンチネンタル王者ザ・ミズ(36)と激突。試合を優位に進めるもトドメのスピアーを狙った瞬間、シェイマス(39)とセザーロ(36)が乱入してレインズの足を引っ張る。即座に王者の反則負けとなったが、ミズはスカルクラッシングフィナーレ(フルネルソン式顔面砕き)から3人がかりのパワーボムでレインズを失神させた。

 ここで再結成の噂が絶えないザ・シールドの残りのメンバー(現ロウタッグ王者のディーン・アンブロス、セス・ロリンズ)が救出に駆け付けると思われたが、誰も現れず…。勝ち誇るミズ一派はザ・シールドが得意とした拳を突き合わせるポーズを決め、レインズを見下した。

 異変はその後に起こった。ヨロヨロと1人でロッカールームへ戻ってうずくまるレインズ。そこへアンブロスとロリンズが現れたのだ。全員無言だが、真の勇者同士に言葉などいらない。3人の絆は生きていた。レインズが「分かった…」と言うように目を合わせると、2人はうなずきながらロッカールームを去った。これまで何度も復活の兆しを見せながら実現しなかった最強トリオだが、今度こそ共闘再開は確実。ロウの勢力分布図が大きく変わりそうだ。