【WWE】カイリ NXT女子王座への試合形式発表

2017年09月28日 19時25分

【フロリダ州オーランド27日(日本時間28日)発】WWE・NXT大会でカイリ・セイン(29=宝城カイリ)の初王座戦試合形式が発表された。

 カイリは米国初の女子トーナメント「メイ・ヤング・クラシック」で優勝。NXT「テイクオーバー」(11月18日、テキサス州ヒューストン)で行われる女子王座決定戦出場を決めていた。この日はウィリアム・リーガルGM(49)が決定戦をフェイタル4WAYマッチにすることを発表。カイリ以外の3選手は、10月11日のNXT大会から出場者決定戦を行って決めることになった。

 NXT女子王座は前王者のアスカ(36=華名)が負傷のため返上。アスカはその後に一軍昇格が発表され、ロウのPPV大会「TLC」(10月22日、ミネソタ州ミネアポリス)でのデビューが決まっている。王者となればカイリにも同様の“出世ロード”が敷かれることは間違いない。現在、中邑真輔(37)が活躍するスマックダウン、アスカが参戦するロウ、そしてカイリが頂点を狙うNXT。日本人によるWWE全ブランド制覇も夢ではなくなってきた。