【WWE】ストローマンの急襲で王者レスナー大の字

2017年08月23日 16時30分

【ニューヨーク州ブルックリン21日(日本時間22日)発】WWE・ロウ大会でユニバーサル王者の“ビースト”ブロック・レスナー(40)の次期防衛戦が早くも決定。ロウの次回PPV「ノー・マーシー」(9月24日、カリフォルニア州ロサンゼルス)で“巨獣”ブラウン・ストローマン(33)の挑戦を受ける。

 前夜の「サマースラム」ではストローマン、ローマン・レインズ(32)、サモア・ジョー(38)との4WAY戦に辛勝したレスナー。大会冒頭では、代理人のポール・ヘイマン(51)が防衛を祝って長々と王者を称賛し続けた。するとストローマンが乱入。前夜には王者を実況席に投げ捨て、一度は担架送りにしている。

 再戦をアピールした巨獣は、ビッグブーツからパワースラム2連打を決めてレスナーを大の字にしてしまった。さらにはベルトを奪い取り、戴冠をアピールする。この結果、次回PPVでの王座戦が緊急決定。ビーストは最大のピンチに立たされた。

 またジョン・シナ(40)がロウに復帰。レインズとタッグを電撃結成すると、ジョーを引き入れたインターコンチネンタル王者のザ・ミズ(36)一派に圧勝した。