【WWE】NXT女子王者アスカ 得意のキックで一軍ディーバを圧倒

2017年07月01日 20時37分

エマ(左)にヒザ蹴りを炸裂させたアスカ

 WWE日本公演「WWE Live Tokyo」最終日(1日、東京・両国国技館)、NXT女子王者アスカ(35=華名)が連夜の“貫禄勝ち”だ。

 ベイリー(28)、サーシャ・バンクス(25)と組んでアレクサ・ブリス(25)、ナイア・ジャックス(33)、エマ(28)組と6人タッグ戦で激突。中盤はロウの女子王者アレクサや巨体のナイアにつかまり苦戦したが、“怪物”ゴールドバーグ(50)の連勝記録「173」を更新した実力はだてではない。

 攻撃をきっちりしのぎきると、エマに強烈なヒザ蹴り。得意のキックを炸裂させて、初日に続きチームの勝利に貢献した。

 日本公演2日間で実力はすでに“一軍”レベルであることを証明。2015年10月のNXTデビューから1年9か月、そろそろ「ロウ」「スマックダウン」への昇格を果たしたいところだ。