【WWE】レスナー復活!ロイヤルランブルへ大デモ

2017年01月18日 16時30分

【アーカンソー州ノースリトルロック16日(日本時間17日)発】WWEのロウ大会が開催され“ビースト”ブロック・レスナー(39)が約2か月ぶりにリングに登場。復活戦となるPPV大会「ロイヤルランブル」(29日、テキサス州サンアントニオ)へ向けて大デモを敢行した。

 

 この日は冒頭から、PPV大会に出場するメンバーが入り乱れる大混乱となった。ここでレスナーの代理人ポール・ヘイマン(51)が登場。「誰が何を言おうと嵐の前の静けさにすぎない。もうすぐビーストがやってくる」と不気味な予告を放つ。するとレスナーが大歓声を背にリングイン。昨年11月20日の「サバイバー・シリーズ」(カナダ・トロント)で“怪物”ゴールドバーグ(50)にまさかの86秒敗戦を喫して以来の登場だ。

 

 レスナーはセス・ロリンズをラリアートで吹き飛ばし、ローマン・レインズとサミ・ゼインをジャーマンで投げ捨てる大暴れ。一度はレインズのスーパーマンパンチを浴びるも、逆にF5で倍返し。雄たけびを上げて圧倒的な存在感を見せつけた。

 

 ゴールドバーグに敗れたショックはみじんも感じさせなかったレスナー。ランブル戦(30選手参加)にはそのゴールドバーグ、さらには“怪人”ジ・アンダーテイカーの参戦も決まっている。今年最初の大一番は、ビースト完全復活の場となりそうだ。