【WWE・NXT】シンスケ・ナカムラがまさかの初黒星 サモア・ジョーに王座奪われる

2016年11月20日 16時37分

シンスケ・ナカムラ

【カナダ・トロント19日(日本時間20日)発】WWE・NXTのPPV大会「テイクオーバー」で、NXT王者シンスケ・ナカムラ(36=中邑真輔)が挑戦者のサモア・ジョー(37)に敗れ、8月に奪取した王座の初防衛に失敗した。

 ゴングから挑戦者のパワーが全開した。場外戦から関節攻撃まで、多種多彩な攻撃で王者を苦しめる。キン肉バスターで一気に決着を狙うが、ここは王者が高角度のジャーマンから、必殺のキンシャサ・ニー・ストライク(ボマイェ)を一撃。ジョーはカウント2・9で肩を上げるも、これで試合は振り出しに戻った。

 この後、ジャーマン3連打に耐えたナカムラが、渾身のキンシャサ弾をジョーの後頭部に叩き込む。あまりの衝撃にジョーはそのままリング下へ転落。大の字となった。リング上で待ち構えていれば、王者のリングアウト勝ちは確実だったが、妥協を許さないナカムラはリング下へ。しかしこの行為が命取りに…。

 蘇生したジョーはレフェリーの目を盗んで急所打ちを見舞うや、鉄の階段に王者を背中から投げ捨てる。苦痛にあえぐナカムラをリングに押し上げると、再度キン肉バスター。まさかの3カウントだ。場内は大ブーイング。4月のWWE登場以来、実に8か月間も無敗街道を疾走してきた日本のカリスマは、ついに初黒星を喫してしまった。

 両雄はNXT日本公演「NXT Live Japan」(12月3日、エディオンアリーナ大阪)でのタイトル戦が決定済み。王者としての凱旋はならなかったが、ナカムラの王座奪還に期待したい。