【WWE】スマックダウン5対5戦にまさかのシェーン・コミッショナー出陣

2016年11月10日 16時30分

【英国・グラスゴー8日(日本時間9日)発】WWEスマックダウン公演が開催され、20日のPPV大会「サバイバー・シリーズ」(カナダ・トロント)で行われるロウとの5対5イリミネーション戦に、シェーン・マクマホン・コミッショナー(46)が出陣することが電撃決定した。

 

 当初メンバーに入っていたバロン・コービンがこの日のカリスト戦で左ヒザを負傷。PPV大会出場が不可能となったため、シェーンはダニエル・ブライアンGM(35)に代役の選択を命じた。メーンのタッグ戦ではAJスタイルズ、ディーン・アンブロス、ランディ・オートン、ブレイ・ワイアットら残りの出場メンバーが激突。試合後にGMがシェーンとリングインした。GMは「スーパースターズから厳選した結果、5人目のメンバーが決まった。それはシェーン、それはアンタだ!」と発表したから誰もがビックリだ。

 

 当初は困惑の表情を浮かべていたシェーンも最後はGMと「イエス! イエス!」のポーズを決めて大歓声を浴びた。4月の祭典「レッスルマニア32」のジ・アンダーテイカー戦では、驚異の6メートルダイビングエルボー弾を披露して男を上げたシェーンだけに、AJやアンブロスもメンバー入りを祝福。一気にスマック軍が盛り上がってきた。