【WWE】〝逆風〟のWWEマットで生き残りをかけるイケメンが猛アピール

2022年01月08日 15時31分

ルー・フェン(右)を攻めるイケメン二郎(©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.)
ルー・フェン(右)を攻めるイケメン二郎(©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.)

 米WWEで活躍するイケメン二郎(29)が猛アピールだ。

 クルーザー級番組「205 Live」ではルー・フェンとシングルで対戦。〝イケメンチャント〟の後押しを受け、リングで躍動した。フェンのハイキックをかわすと、アームドラッグから腕を決めて攻め込んだ。

 さらに相手のボディースラムやミドルキックを食らいながらも、ドラゴンスクリューで逆転。スピニングヒールキックからジャケットパンチ5連打で圧倒し、ムーンサルトプレスからのイケメンスラッシュで快勝した。

 WWEでは先日、NXTの選手、スタッフの大量解雇が報じられたばかり。解雇者にはNXTのゼネラルマネジャーを務めるウィリアム・リーガルや、パフォーマンスセンターのコーチ役を務め「ダイヤモンド・マイン」の一員でもあったハチマンこと鈴木秀樹の名前もあった。

 KUSHIDAとのタッグ「ジェケット・タイム」で活動するイケメンだが、生き残り競争が激しいWWEマットではシングル戦線での実績は必須。2022年は早期のタイトル取りも視野に入りそうだ。

関連タグ: