【WWE】里村明衣子が5度目の王座防衛もブレア・ダベンポートの襲撃に「リスペクトがない。私が教えてあげますよ」

2022年01月07日 17時14分

UK女子王座を防衛した里村((c)2022 WWE,Inc. All Rights Reserved.)
UK女子王座を防衛した里村((c)2022 WWE,Inc. All Rights Reserved.)

 配信されたWWE・NXT UKで、〝ファイナルボス〟こと里村明衣子(42)がブレア・ダベンポートを撃破してNXT・UK女子王座5度目の防衛に成功した。

 序盤、里村はアームバーやアッパーカットを繰り出して試合のペースをつかんだが、ブレアのカウンターハイキックを顔面にもらうと場外でDDTやドロップキックを食らった。試合は一進一退の攻防となり、里村のスピニングヒールキック、スープレックス、DDT、ブレアのランニングニーやダブルストンプが交錯する。 

 終盤には里村が渾身のデスバレーボム2連打からスコーピオライジング。これは跳ね飛ばされ丸め込みを狙われたが巧みに体を反転させて押さえ込み、王座防衛に成功した。

 だが試合後、里村がベルトを掲げて勝ち誇っていると背後からブレアにヒザ蹴り3連打の襲撃を受ける。これに里村は「(ブレアは)すばらしいんじゃないですか。ただね、リスペクトがないのよ。私が教えてあげますよ。ブレア、お前は私に敵わない」と忠告。ベルトは守ったものの、抗争はまだまだ続きそうだ。

関連タグ: