【WWE】KUSHIDAとイケメン二郎のジャケット・タイムが早すぎる解散危機「やめたい…」

2021年11月11日 16時00分

KUSHIDAとイケメン二郎(Ⓒ2021-WWE,-Inc.-All-Rights-Reserved.-)
KUSHIDAとイケメン二郎(Ⓒ2021-WWE,-Inc.-All-Rights-Reserved.-)

 米WWE・NXTが配信され、KUSHIDAとイケメン二郎の「ジャケット・タイム」が、ダイヤモンド・マインのクリード・ブラザーズ(ジュリアス、ブルータス・クリード)に2連敗を喫しいきなり窮地に陥った。

 イケメン二郎がブルータスにジャケットパンチ5連打からKUSHIDAとダブルのハンドスプリングニールキックを決める。さらにKUSHIDAもジュリアスにクロスボディーやマサヒロ・タナカからダブルのドロップキックを披露するなど、因縁のダイヤモンド・マインにチームワークを見せつけた。

 終盤にはイケメン二郎がスワントーンボムを決めたが決定打にはならない。追撃のイケメンスラッシュが不発となると、ジュリアスにジャケットを脱がされ形勢逆転を許す。セコンドのロデリック・ストロングにも介入され、ジュリアスのパワーボムで沈められてしまった。

 結成間もないジャケット・タイムは205 Liveでの初陣に続き、NXTのリングでもクリード・ブラザーズに敗戦となった。試合後にはKUSHIDAが救援に現れたオデッセイ・ジョーンズとともにダイヤモンド・マインを追い払ったが、イケメン二郎は「試合に負けてしまった。もうジャケット・タイムをやめたい…」とつぶやき、早すぎる解散危機に直面。確かに現時点ではジャケット・タイムを辞めることを惜しむ声は少なそうだから、辞めるなら今のうちなのかもしれない。

 しかしそんなことはジョーンズが許さない。「今回は負けたが、次週はダイヤモンド・マインと6人タッグ戦だ」と励まされると、最後は3人で「1・3・3、ジャケット・タイム!!!!」と威勢よく掛け声を上げていた。

関連タグ:

ピックアップ