【WWE】紫雷イオがラダーから転落! 九死に一生を得るも王座陥落 「死んでないぞ!」

2021年10月28日 15時17分

ラダー上でインディ(右)と激しい攻防を繰り広げるイオ(©2021 WWE, INC. All Rights Reserved.)
ラダー上でインディ(右)と激しい攻防を繰り広げるイオ(©2021 WWE, INC. All Rights Reserved.)

 米WWE・NXTで活躍する〝暗黒の逸女〟紫雷イオ(31)がまさかのハプニングでベルトを失った。

 配信された「NXT:ハロウィン・ハボック」のNXT女子タッグ王座トリプルスレットラダー戦でイオとゾーイ・スタークの王者コンビは、ジジ・ドリン&ジェイシー・ジェイン、インディ・ハートウェル&ペルシャ・ピロッタと対戦。

 序盤、王者組はダブルスープレックスやダブルのドロップキックをインディやペルシャに放って攻め込んだ。

 悲劇が襲ったのは終盤だ。イオが天井からつるされたベルトを狙うと、インディに妨害されてラダートップからラダーごと約5メートル下へ転落。その勢いで場外に設置してあった別のラダー上にモロに激突した。一歩間違えば大惨事になっていた。

 その隙にジジがインディをラダーから叩き落とし、つるされたベルトを奪取。ジジ&ジェイシーが新王者となり、イオは無念の王座陥落となった。

 選手、ファンが状態を気遣う中、イオは自身にツイッターに「死んでないぞ。ベストを尽くすためにまた立ち上がってやる。タイトルが私の腰にないのは悲しいが…」とした上で「インディは嫌いだ!!!!!!!」と怒りのメッセージをつづった。

 また、NXT女子王座トリック・オア・ストリートファイト戦は、マンディ・ローズがダコタ・カイの介入によりラケル・ゴンザレスを破って新王者に。トキシック・アトラクションの3人がNXT女子タイトルを独占する事態となった。

関連タグ:
 

ピックアップ