【WWE】波乱! SD女子王者ベッキーが前哨戦で完敗 ベルトを巡る戦いは混とんの極み

2021年10月16日 18時35分

攻め込むベッキー(左)だったが…(©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.)
攻め込むベッキー(左)だったが…(©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.)

【カリフォルニア州オンタリオ15日(日本時間16日)発】WWEのスマックダウン(SD)大会が行われ、〝ザ・マン〟ことSD女子王者ベッキー・リンチ(34)がPPV「クラウン・ジュエル」での防衛戦を前に〝ボス〟サーシャ・バンクスに屈辱の敗戦を喫した。

 クラウン・ジュエルでベッキーは、ビアンカ・ブレア、サーシャ・バンクスを相手に王座をかけたトリプルスレット戦を行う。この日はその前哨戦として、ゲスト解説でビアンカが見つめる前でサーシャとシングル戦で激突した。

「サーシャを倒して、クラウン・ジュエルでも王座を防衛する」と意気込み試合に臨んだ王者ベッキーはフォールの取り合いからレッグドロップを決めて攻め込んだ。さらに、サーシャのダブルニーを食らいながらもエクスプロイダーで反撃だ。

 だがその後の場外戦で、ベッキーの攻撃がゲスト解説席のビアンカに誤爆し不穏な空気が…。その後、サーシャのバンク・ステートメントをロープエスケープしたところでレフェリーの死角を突いたビアンカのヘアーウィップ攻撃を食らってしまった。そこへサーシャからバックスタバーでとどめを刺され、屈辱の3カウントを聞いた。

「ベッキーVSビアンカVSサーシャ」によるスマックダウン女子王座トリプルスレット戦が行われるPPV「クラウン・ジュエル」は日本時間22日にWWEネットワークで配信される。

関連タグ:

ピックアップ