【WWE】KUSHIDAがイケメン救出も ハチマンら「ダイヤモンド・マイン」に返り討ち

2021年10月14日 17時42分

イケメン二郎の救出に現れたKUSHIDA(右)だったが…-(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.
イケメン二郎の救出に現れたKUSHIDA(右)だったが…-(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 米WWE・NXTで活躍する日本人男子の間で新たな動きがあった。

 配信されたNXT大会では、〝海を渡った偏屈者〟ことハチマンら「ダイヤモンド・マイン」が新メンバーとなったアイビー・ナイルの勝利を祝っているところにイケメン二郎が登場。NXTクルーザー級王座を持つロデリック・ストロングへの挑戦をアピールすると、立ちはだかったジュリアス・クリードにジャケットパンチを叩き込み、2人のシングル戦に移行した。

 イケメンはスープレックスやパワースラムを食らいながらもジャケットパンチ4連打やスワンダイブ式ムーンサルトを決めたが、最後は強烈なラリアートで敗れた。

 試合後、ダイヤモンド・マインに暴行を受けているところに、救出に現れたのがKUSHIDAだ。クリード兄弟やストロングを蹴散らしたが、女子のアイビーには手を上げることができず、ストロングのエンド・オブ・ハートエイクを食らって撃沈した。

 返り討ちにされたイケメンは「ああぁ~!!! KUSHIDAさんありがとう、そしてごめんなさい。次回は僕らでダイヤモンド・マインをぶっ潰す」と自身のツイッターに投稿。するとハチマンは「Mr. KUSHIDA、復帰おめでとう」と皮肉な投稿をして挑発した。

関連タグ:

ピックアップ