【WWE】マッキンタイアがWWE王者ビッグEをKO サウジ決戦に弾み

2021年10月12日 15時59分

大の字のビッグE(下)を見下ろすマッキンタイア(©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.)
大の字のビッグE(下)を見下ろすマッキンタイア(©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.)

【カリフォルニア州サンフランシスコ11日(日本時間12日)発】WWEの次回PPV「クラウン・ジュエル」(21日=日本時間22日、サウジアラビア)でWWE王者ビッグE(35)に挑戦するドリュー・マッキンタイア(36)が、王座取りに弾みをつけた。

 ロウ大会のオープニングに登場したマッキンタイアが「もう一度、WWE王者になるぞ」と2月に失って以来の王座返り咲きを宣言すると、そこに現れたのが王者のビッグEだ。「俺からベルトを奪うことはできない!」と豪語し、2人は舌戦を展開。さらにウーソズ(ジミー&ジェイ)まで登場して王座を争う2人を挑発したため、メインではマッキンタイアとビッグEがタッグを組み、ウーソズと対戦することが緊急決定した。

 試合は両軍が激しい攻防を展開し、終盤にチャンスを迎えたマッキンタイアがクレイモア(ランニング式シングルドロップキック)を狙うと、ここでビッグEが勝手に交代。2人の間に不穏な空気が流れる。さらにウーソズの頭脳プレーによる誤爆を機に2人は場外で殴り合いの大乱闘を繰り広げ、リングアウト負けが宣告された。

 試合後、マッキンタイアとビッグEはウーソズを蹴散らすと、マッキンタイアが豪快なクレイモアを王者に決めてKO。先日の「WWEドラフト」でスマックダウンへの移籍が決まっており、ロウ管轄王座を手にする最後のチャンスを生かせるか注目だ。

 ビッグE対マッキンタイアのWWE王座戦が行われるPPV「クラウン・ジュエル」は日本時間22日にWWEネットワークで配信される。

関連タグ:

ピックアップ