【WWE】イケメン二郎がジョー・ゲイシーに屈辱の敗戦

2021年10月07日 16時00分

イケメン二郎(右)はジョー・ゲイシーに屈辱の敗戦を喫した(Ⓒ2021-WWE,Inc.All-Rights-Reserved.)
イケメン二郎(右)はジョー・ゲイシーに屈辱の敗戦を喫した(Ⓒ2021-WWE,Inc.All-Rights-Reserved.)

 米WWE・NXTが配信され、イケメン二郎がジョー・ゲイシーに屈辱の敗戦を喫した。

 試合前から「スタイルストロングで倒してやる」と気炎を上げ、会場に〝イケメンチャント〟を巻き起こしたイケメンは、序盤からショルダータックルやハリケーンラナでペースを握った。ゲイシーの騙し討ちクローズラインなどを食らう場面もあったが、バックブリーカーからジャケットパンチの4連打を見舞った。

 しかし試合を決めにいった必殺のイケメンスラッシュが不発。これでゲイシーを勢いづかせると最後はハンドスプリングクローズラインを食らって屈辱的な黒星を喫してしまった。

 だが試合後は、ゲイジーとハグを交わすと自身のツイッターで「自分のベストを尽くしていく。NXTが大好きだ」とショックを振り払うことに努めた。

関連タグ:

ピックアップ