【WWE】ベッキー 妊娠欠場から1年3か月ぶりに電撃復帰 一気にSD女子王座を戴冠!

2021年08月22日 18時35分

奪ったベルトを誇示したベッキー・リンチ(©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.)
奪ったベルトを誇示したベッキー・リンチ(©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.)

【ネバダ州ラスベガス21日(日本時間22日)発】WWE真夏の祭典「サマースラム」で〝ザ・マン〟ことベッキー・リンチ(34)が電撃復帰した。

 同大会で行われたスマックダウン(SD)女子王座戦は、王者ビアンカ・ブレアに挑戦予定だったサーシャ・バンクスが欠場。急遽、カーメラが王座戦に臨むことになった。

 ところがここで入場曲が流れ、長期欠場中のベッキーがサプライズ登場。会場は大熱狂の渦に包まれた。ベッキーは昨年5月に妊娠を発表し、保持していたロウ女子王座を返上。その後はリングを離れていた。

 さっそくカーメラを鉄製階段に叩きつけると、王者のビアンカに王座戦を要求。王者が受諾したため、ビアンカ対ベッキーによるSD女子王座戦が緊急開催された。

 ゴングが鳴るやベッキーは握手を求める振りをしてエルボーを叩き込み、ひるんだ王者にマンハンドルスラム(変型裏投げ)を決めて秒殺。誇らしげにベルトを掲げると「戻ってきたぞ!」と自身の復帰とSD女子王座戴冠をアピールした。

関連タグ: