【WWE】NXT女子タッグ王者の紫雷イオが不本意ながらもゾーイとの関係改善

2021年07月29日 15時33分

ゾーイ(右)から関係改善を懇願されたイオは…(C)2021 WWE,Inc. All Rights Reserved.

 配信されたWWE・NXT大会で、NXT女子タッグ王者の紫雷イオ(31)が関係改善を懇願するパートナーの要望を渋々了承した。

 イオが練習しているところに現れたゾーイ・スタークから「私たちはNXT女子タッグ王者だ。一緒に練習して絆や関係性を深めていこうよ」と提案を受ける。しかしイオは「関係性だって? 友達みたいに? ノーサンクス」と〝なれ合いはごめんだ〟とばかりに不機嫌な表情で拒否。

 それでもゾーイに「OK! 友達ではなくパートナーとしてはどう?」と食い下がられる。イオは「ゾーイをリスペクトはしているが、好きではない」と返答したが、さらにゾーイから「カモーン。私を信用してよ」と懇願されると渋々「わかったよ」と了承してその場を後にした。タッグ王者の2人はこれから絆を深めることができるか。

 また、サモア・ジョーがウィリアム・リーガルGMと合意してNXTロースターに電撃復帰し、対立するNXT王者カリオン・クロスへの挑戦も決定した。王座戦が行われる「NXTテイクオーバー36」は日本時間8月23日にWWEネットワークで配信される。

【関連記事】

関連タグ: