【WWE】鈴木秀樹のリングネームが「ハチマン」に なぜかケンドー・カシンは落ち込む

2021年07月22日 16時06分

タイラー・ラスト(手前)の腕を決めるKUSHIDA(©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.)

 いよいよ異色の対決が実現しそうだ。WWEのNXTクルーザー級王者KUSHIDA(38)が、〝海を渡った偏屈者〟こと鈴木秀樹改めハチマンが所属する「ダイヤモンド・マイン」に先勝した。

 配信されたNXT大会ではボビー・フィッシュと組み、ダイヤモンド軍のロデリック・ストロング、タイラー・ラスト組と対戦。KUSHIDA組は奇襲を仕掛けると、フィッシュとの好連係でダブルアームブリーカーをストロングに決めた。

 一時はフィッシュがつかまり劣勢となる場面もあったが、KUSHIDAがドロップキックやアームブリーカーでストロングに反撃。最後はビッグブーツを食らいながらもホバーボードロックでラストを捕らえてタップを奪った。

 試合後、KUSHIDAは両腕を上げて勝利をアピール。因縁の新ユニットに勝利はしたものの、このままダイヤモンド軍がおとなしく引き下がるとは思えない。この日のセコンドに就いたハチマンも控えており、日本では接点がなかったKUSHIDAとの対戦が実現する可能性が高まった。

 ちなみに鈴木秀樹の新リングネームについては、〝悪魔仮面〟ケンドー・カシンが「ヒデ・キラーがいいんじゃないか」と提案したという。だが「カビキラーみたいだから…」とあっさり却下されてしまい、カシンは相当へこんでいるそうだ。

関連タグ: