【WWE】〝女帝〟アスカが女子MITBラダー戦2連覇を逃す

2021年07月19日 17時42分

女子ラダー戦でアスカ(右)はリブ・モーガン(左)に妨害された。下はタミーナ(©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.)
女子ラダー戦でアスカ(右)はリブ・モーガン(左)に妨害された。下はタミーナ(©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.)

【テキサス州フォートワース18日(日本時間19日)発】WWEのPPV大会「マネー・イン・ザ・バンク(MITB)」が開催され、〝女帝〟アスカ(39)は再浮上のチャンスを逃した。

 ラダー上に吊るされたブリーフケースを8選手で争う女子MITBラダー戦に出場。序盤はアレクサ・ブリスにジャーマン、ナタリアにヒップアタック、タミーナには裏拳やミサイルキックを決めてペースをつかんだ。

 ところが勝負と踏んだタイミングでラダーに上り出すと、リブ・モーガンの妨害に遭う。最大の好機を逃した女帝はその後、5人とラダー上で激しい攻防を展開するも、最後に上ってきたニッキー・アッシュが〝漁夫の利〟でブリーフケースを奪取した。

 昨年5月の女子MITBラダー戦を制したアスカは、翌日に妊娠を発表したベッキー・リンチからロウ女子王座を譲渡され、WWEの全女子王座を獲得する「グランドスラム」を達成した。

 ところが今年は4月の祭典「レッスルマニア」でロウ女子王座から陥落し、その後は低迷が続いた。2連覇と王座挑戦権がかかった一戦でも結果を残せず、再びベルト奪還への道が遠のく結果になった。ここから女帝はどこに向かうのだろうか。

関連タグ:

ピックアップ