【WWE】NXT女子タッグ王者組を撃退したイオが同王座戦線参入も

2021年06月17日 15時53分

イオ(右)はインディ・ハートウェル(左)とキャンディス・レラエにミサイルキックを決めた (C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 米WWE・NXTに復帰した〝暗黒の逸女〟紫雷イオ(31)が、女子タッグ王座戦線に参入する可能性が出てきた。

 配信されたNXT大会では、先週大会で約2か月ぶりに登場したイオが「戻ってきて気分がいいわ。私の次の標的が誰か知りたいだろ?」と演説。すると先週、イオに蹴散らされたキャンディス・レラエ(35)が花道に現れ「あなたには我慢できない。私をバカにするのは、タイミングが悪いわよ」と挑発し、その隙にイオの背後からインディ・ハートウェル(24)が襲撃した。

 イオも負けじとキャンディスを蹴り飛ばし、インディには619(ロープ上のブーメランキック)を放ったが、1対2の数的不利な状況で劣勢を強いられた。

 するとそこへ、ゾーイ・スターク(27)が救出に現れ、形勢逆転に成功。イオはスワンダイブ式のミサイルキックで2人まとめて撃退した。

 キャンディスとインディはNXT女子タッグ王座を保持する。4月にはシングルのNXT女子王座を失った逸女だが、今後はタッグ王座取りに向かうのか注目だ。

関連タグ: