【WWE】KUSHIDAが王座防衛に成功! さらなる挑戦者を急募

2021年06月03日 15時47分

NXTクルーザー級王座戦でカーメロ・ヘイズ(左)にマサヒロ・タナカ(右ストレート)を叩き込むKUSHIDA

 配信されたWWE・NXT大会で、NXTクルーザー級王者のKUSHIDA(38)が、王座防衛に成功。長期政権への道を歩み始めた。

 この日はオープンチャレンジで挑戦者を募った結果、カーメロ・ヘイズが名乗り上げた。これがデビュー戦となるヘイズが相手では、元IWGPジュニア王者が負けるわけにはいかない。基本技のサイドヘッドロックで動きを止め、豪快なハンドスプリングエルボーを叩き込んだ。

 ヘイズもロープを使った独特のハイキックやレッグドロップで反撃。それでも、KUSHIDAとは地力が違った。ヘイズの空中技をマサヒロ・タナカ(右ストレート)で迎撃。強烈無比なサッカーボールキックで蹴り上げると、最後は必殺のホバーボードロックを決めてタップを奪った。

 これぞ貫禄の勝利。ベルトを守ったKUSHIDAはヘイズの健闘をたたえ、握手を交わした。自身のツイッターでは「KUSHIDAのオープンチャレンジ....デビューするレスラーや引退したレスラー、誰の挑戦でも構わない。NXTに連絡を」と英語で投稿。さらなるチャレンジャーを募集して、防衛ロードに意欲を見せた。

 新日本プロレスを退団しWWE入団から2年を経て、4月に同王座を奪ってWWE初戴冠。豊富なキャリアを誇るだけに、長期政権を築き上げそうなムードだ。

関連タグ: