【WWE】毒蛇オートンが元UFC戦士リドルにまさかの敗戦

2021年04月20日 15時11分

ランディ・オートンをスリーパーで絞め上げるリドル。毒蛇から初勝利を挙げた(©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.)

【フロリダ州タンパ19日(日本時間20日)発】WWEのロウ大会が配信され〝毒蛇〟ランディ・オートン(41)が、元UFC戦士の前US王者リドル(35)にまさかの敗退。リドルは格上から殊勲の初白星を挙げた。

 バックステージでキックバイクを乗り回す脳天気な天然男リドルに怒った毒蛇が、対戦を要求して急きょ実現した一戦。リドルの執ようなスリーパー攻撃に耐えた毒蛇は、実況席へのバックドロップを敢行し、カウンターのパワースラムから逆にスリーパーで絞め上げる。

 リドルはここでペレキックからセントーン。プロデリック(回転式セントーン)を回避されると、毒蛇がエレベーテッドDDTからRKOに出た瞬間、巧みに左腕をからめとり、回転十字固めでそのまま電撃の3カウントを奪った。まさかの敗退を喫したオートンはぼう然とした表情を浮かべるのみだった。

 祭典「レッスルマニア37」で天敵ザ・フィーンド(ブレイ・ワイアット)から3カウントを奪い、出口のない抗争を終えてようやくWWE王座に照準を合わせていたオートンだが、先週の次期挑戦者決定トリプルスレッド戦予選敗退に続き、思わぬ停滞を喫してしまった。

関連タグ: