【WWEレッスルマニア】オーエンズが世界的人気ユーチューバーをKO葬

2021年04月12日 14時06分

オーエンズはポール(左)をスタナーでKO(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.
オーエンズはポール(左)をスタナーでKO(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

【フロリダ州タンパ11日(日本時間12日)発】WWEの祭典「レッスルマニア37」2日目大会が当地のレイモンド・ジェームス・スタジアムで開催され、世界的人気を誇る迷惑系ユーチューバーのローガン・ポール(26)を巻き込んだサミ・ゼイン(36)とケビン・オーエンズ(36)の遺恨決着戦は、オーエンズが勝利。試合後はポールまでスタナーで葬った。

 ポールはゼインのゲストとして登場し、リングサイドで決戦を見守った。いきなりオーエンズがポップアップパワーボムを仕掛ける急展開となるも、ゼインはエプロンでのブレーンバスター、ブルーサンダーでお返しする。対するオーエンズもフロッグスプラッシュから垂直式脳天砕きで反撃した。

 ここで奮起したゼインはブルーサンダー、脳天砕きの波状攻撃。強烈な右アッパーで動きを止めると、最上段から雪崩式ブレーンバスター、ヘルヴァキックで勝利をたぐり寄せる。

 しかしオーエンズはスーパーキックで流れを変えると、最後は大逆転のスタナー一撃で3カウントを奪った。試合後、ポールはリングインしてゼインに言葉をかけるも、オーエンズに握手を求め、ゼインに三くだり半を突きつけてしまった。怒ったゼインが食ってかかると、プロボクサーでもあるポールはもろ手突きで押し倒す。ゼインは「これは陰謀だ!」と叫んでリングを去った。

 ポールは恥も外聞もなく寝返ってオーエンズの勝利を称賛するも、戦前に遺恨があった相手だけにすんなり受け入れられるはずもない。オーエンズは鬼の形相でスタナーを決めると、ポールを大の字にさせた。迷惑系ユーチューバーの醜態に場内は大歓声。今後はオーエンズとポールの遺恨劇が始まる…かもしれない。

関連タグ: