【WWE】グラミー賞受賞ラッパーの超高級車が無残な姿に…レッスルマニアはタッグ戦に変更

2021年04月06日 17時17分

ミズとジョン・モリソンに落書きされ変わり果てたバット・バニーの高級車ブガッティ(©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.)

【フロリダ州セントピーターズバーグ5日(日本時間6日)発】WWEロウ大会が配信され、PPV「レッスルマニア37(WM)」に出場するグラミー受賞者バット・バニー(27)がダミアン・プリースト(38)と組んでザ・ミズ(40)、ジョン・モリソン(41)組と対戦することになった。

 祭典でザ・ミズとの一騎打ちが発表されていたバニーはこの日、愛車の白いブガッティで会場入り。ところが目を離した隙に、ミズ&ジョン・モリソンに「傑作を作らないと」と赤いペンキでそのボンネットに「HEY HEY HOP HOP」と落書きされてしまう。自分たちの曲のタイトルを超高級車に刻み、ミズとモリソンは「これはプライスレスだ。美しい」とご機嫌で、落書きを発見して怒りに震えるバニーを背後から襲撃した。

 これに怒ったのがプリースト。「2対1で襲撃しやがって。タッグ戦で戦え」とWMでの試合をシングル戦からタッグ戦に変更するように要求する。さらにバニーは「俺はWWEやスーパースターを愛している。ミズもリスペクトしていたのに、アイツは理由もなく初めから侮辱してきた。何様だと思っているんだ! お前は一線を越えたぞ。WMではリスペクトの仕方を教えてやる」と怒り露わ。すると会場スクリーンに登場したミズ&モリソンから「ここはお前のいる場所じゃない。タッグ戦を受けてやる」と受諾され、タッグ戦への変更が決まった。

 PPV「レッスルマニア37」は日本時間11、12日にWWEネットワークで配信され、「バニー、プリースト組VSミズ、モリソン組」は11日に行われる。

関連タグ: