【WWE】タイタス・オニールが「ウォーリアー・アワード」として殿堂入り

2021年04月06日 16時50分

殿堂入りが発表されたタイタス・オニール(©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.)

【フロリダ州セントピーターズバーグ5日(日本時間6日)発】WWEロウ大会が配信され、タイタス・オニール(43)が「ウォーリアー・アワード」として2021年名誉殿堂「WWEホール・オブ・フェーム(HOF)」入りすることが発表された。今年の殿堂入りは、モーリー・ホーリー、エリック・ビショフ、ケイン、ザ・グレート・カリ、ロブ・ヴァン・ダムに続いて第6号となる。

 ウォリアー・アワードは14年に設立されたアルティメット・ウォリアーの不屈の精神を体現する勇気と思いやりを持って生きる個人に贈られる。オニールはWWEの歴史の中で最も慈善的なスーパースターの1人であるとされ、困っている家族や子供たちに特別な瞬間、プログラム、リソースを提供する「ブラードファミリー財団」を設立した。さらにWWEアンバサダー、スーザンG・コーメン、ボーイズ&ガールズクラブ・オブ・アメリカ、スペシャルオリンピックスなどの非営利団体やWWEパートナーを通じて数千人の個人を支援している。

 今年の「WWEホール・オブ・フェーム2021」は昨年式典が中止となったものの、殿堂入りが発表されたバティスタ、nWo、ベラ・ツインズ、JBL、デイビーボーイ・スミス、ウィリアム・シャトナー、そして獣神サンダー・ライガーを加えて日本時間7日にWWEネットワークで配信される。

関連タグ: