【WWE】KUSHIDA ガントレット戦出場ならず…遺恨勃発のピート・ダンとの対戦が決定

2021年04月02日 17時01分

ピート・ダンにホバーボードロックを決めたKUSHIDAだったが…(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 配信されたWWE・NXTで、KUSHIDA(37)が11人バトルロイヤルに出場。だがピート・ダン(27)にホバーボードロックを決めたまま一緒に脱落すると、2人が「NXTテイクオーバー:スタンド&デリバー」で対戦することが決定した。

 北米王座挑戦者決定ガントレット戦の出場者を決める試合で気合の入るKUSHIDAは、リング外に落とされかけた〝巨漢〟ブロンソン・リード(32)にハンドスプリング・ニールキック、キャメロン・グライムス(27)とLAナイト(38)にはハンドスプリング・エルボーで襲い掛かった。

 さらに試合前のインタビューで一触即発となったダンと対峙すると激しい殴り合いを展開。ここで必殺のホバーボードロックをダンに決めたものの、そのまま2人は場外に落ちて脱落となってしまった。

 その後、LAナイトがバトルロイヤルを制して6人のガントレット戦出場者が決定すると、遺恨が勃発したKUSHIDAとダンの対戦も「NXTテイクオーバー:スタンド&デリバー」で行われることが発表された。

 この決定にKUSHIDAは自身のツイッターで「次週のNXTテイクオーバーでお前と対峙してやる! KUSHIDA vs ピート・ダンだ」と英語で投稿した。

 日本時間8、9日の2日間にわたって行われる「NXTテイクオーバー:スタンド&デリバー」で、KUSHIDA対ダンの一戦は日本時間8日にWWEネットワークで配信される。

関連タグ: